PostgreSQLでのテーブル存在確認方法

pg_classには、テーブルや その他の列を保持しているすべてのものが格納されているので、relkind = ‘r’ でテーブルのみに限定する。
ちなみに、その他は ‘i’ = インデックス、 ‘S’ = シ-ケンス、 ‘v’ = ビュ-、 ‘s’ = 特別なもの、 ‘t’ = セカンダリ-TOASTテ-ブル

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterBuffer this pageEmail this to someone