クラウドコンピューティング

“クラウドコンピューティング” という言葉が Web2.0 に続く流行キーワードになる、というウワサ。

“クラウド” というのは「インターネットの雲」という意味で、「インターネットのあちら側」を表しているようだ。
つまり、アプリケーションをユーザーのコンピュータ(クライアント)で走らせるのではなく、データセンター等に配置されたサーバ側で行うことを表しているよう。”SaaS” と似たような話だが、SaaS よりもうちょっと概念的なワードだと思われる。

まぁ、頭の片隅においておくと、プレゼンとかでハッタリはきくかも。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterBuffer this pageEmail this to someone