なぜ framework を使うのか

今、私の会社では PHP を使用して Web 開発をすることが多い。
バッチ系では、シェルや Perl も使用するが、お客さんが実際にアクセスしてくるサイトはほぼ PHP だ。

PHP は導入の敷居が低く、自由度が高くてとてもいい言語だと思う。Hell World を表示させるのに 1 ステップで済むのは、プログラム学習用言語としても優れていると思う。Java だといっぱい書かなきゃいけなくてよくわかんないし(実際に学生時代そうでした)、プログラムの学習意欲があんまりわかなかった経験がある。

で、ここにきて PHP を使って開発をしている現場も増えているらしく、PHP でも framework を使いましょう、みたいな動きになっている。感覚的には 2004 年末から急速に盛り上がってきた気がする。


なぜ framework を使うのか。
それは、楽をしたいからである。
より少ない労力で、より安全なスクリプトを、より早く構築するためである。
構築の早さは、システムのコストにもつながる。
ぜひ導入すべきだ。

ただ、目的によっては導入しない方がいいこともある。
それは、プログラムや PHP を勉強したいときだ。
いきなりフレームワークをさわっても、意味不明だと思う。
きっと、なんでこんな面倒なことをするのかと疑問に思うだろう。

フレームワークのよさは、結局のところ現場サイドでしかわからないと思う。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterBuffer this pageEmail this to someone