ESP-WROOM-32の開発ボードをMacで使う(ESP-IDF編)

秋月で購入したESP-WROOM-32 DevKitをMacで使うときの手順です。Arduino IDEだとBLE周りがアドバタイズしかできなかったりとか(時間が解決するかもですが)するので、フル機能を使いたい場合は今のところESP-IDFでの利用が必要です。ここではまずコマンドラインでのセットアップをします。

基本的なインストールはこのオフィシャルの手順でOK。
https://esp-idf.readthedocs.io/en/latest/get-started/macos-setup.html

ですが、自分の環境だと細かい所が違ったので補足的にこちらも参照。
https://qiita.com/naohiro2g/items/79c99eac5254be1d051d

.bash_profileに書くパスは以下を2つとも書かないとmakeが通らなかったのでご注意。

シリアルコンソールを確認するには以下でOK。

screenコマンドの使い方はこちらで。
https://qiita.com/mgoldchild/items/e336618487eb7d90f6d4

Eclipseの設定

/Library/Python/2.7/site-packages

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterBuffer this pageEmail this to someone