ABC 2010 Winter メモ 〜カンファレンス編〜

ABC2011 Winter
2011.01.09 13:00〜13:40
『Beyond Technological Singularity – Androidが事象の地平線を変える – 』
講演者: 山下哲也(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
Ustreamアーカイブ: なし

■Revolution
Rev.1 “Digital”
 90年代になって一気にデジタル化された
 携帯電話もアナログからデジタルへ
Rev.2 “Speed” “Smart” “Scalable”
 今まで1年かかっていた開発が数ヶ月になった
 Rev.2のルールはRev.1とは違う
 急激な相転移に注意
Rev.3 諸説ある

■Androidの役割
・AndroidのISP細胞のようなもの。なんにもなれる

■キャリアは何をすればよいか
・2011年前半にかなりの数のAndroid端末を出す予定
・二つの力に翻弄されているのが現状
 → このまま行くと没落する、と言われている
1. Pipeを越える “Conduit” (導管)
 コネクティビティを提供するインフラを提供する
2. “End Product” (端末)
 ”ケータイ”の終焉
 主役はスマートデバイスに
3. “Service”

■これからの「変化」
・Absorption Capacity
 → キャパシティは日に日に変化している
・アイデア、市場環境、プロダクト、新構造
・単なるデジタル化は通用しない
・”事象の地平線” 風景が一変する

■2011
・誰かが変化を起こすのではなく、自分自身が起こせる


ABC2011 Winter
2011.01.09 14:00〜14:40
FeliCa/NFCの概説とAndroidの対応状況
講演者: 相馬功(ソニー株式会社FeliCa事業部プロダクト&サービス部 マネージャー)
Ustreamアーカイブ: http://www.ustream.tv/recorded/11904840


・元moraの企画の人
・花火の資格を持っている

■NFCってなに
・通信速度212kbps〜424kbps
・電波13.56MHz
・Type-A (Taspoなどが採用)、Type-B、Type-Fがある。FがFeliCa
 → 3つの形式に対応することが必須条件になっている
・10cm程度の間で通信する技術
・NFC Forum
 → 2004年設立
 → BROADCOM (iPhoneにチップ提供)、ソニー、ノキアなどなど
 → セキュアレイヤー以外をForumで共通化している

■NFCとFeliCaの関係
・RF層では互換性がある
・セキュアレイヤーのみの違い

■AndroidにNFCが載ると何がいいのか
・2.3でできること
 Type1からType4までのNDEFタグの読み出しが可能 (FeliCa含む)
 → ただし、電子マネーカードはNDEFフォーマットではないので読み出し不可
・FeliCa製品
 FeliCa Lite、FeliCa Plug、モバイルFeliCaチップ、R/Wモジュール
・SDK for FeliCa
 → Adobe AIR / Flash 上で開発できるツール
 
■結局何ができそうか
・角川書店がフィギュアにタグを埋めこんで、有料サイトに誘導してログインまでさせるものを作った
・ノキアのケータイと万歩計の通信がNFCで実装されている
・Nexus SでもNFC実装されている
・Google x Android x NFC
 → ポスターにタグを埋め込んでGoogleプレイスと連動
・タブレット端末の可能性
 → ポータブルPOS端末 (決済までできる)
 → デジコン用自販機として
 → メディカル用途として
 → マルチリモコンとして
・デジタル機器をつなぐI/F
・カードがチャンネルになる
 → かざすとアーティストサイト、音楽配信に誘導する

■今日からできること
・とりあえずPCで試す
・おサイフケータイで試す
・Nexus Sで試す


ABC2011 Winter
2011.01.09 15:00〜15:40
androidマーケットから『ソーシャル』が消える日
講演者: 安部聡(株式会社ミクシィ アライアンス推進部 マネージャー)
Ustreamアーカイブ: http://www.ustream.tv/recorded/11906568

■mixiについて
・スマートフォンでのmixi利用状況
 モバイル: 261億PV
  PC: 45億PV
  Touch: 6億PV
・世界ではじめてすべてのプラットフォームでサービス提供した
・mixi公式アプリ
 → 現状ほとんどWebに飛ぶが、少しずつ対応予定
・アカウントマネージャーの提供予定 (時期未定)
 → OAuth認証でつまづくデベロッパーが多いため

■現状のスマートフォンエコシステムの課題
・Discoverability
 露出をどう高めていくのか
 → すぐ埋もれる
 → 新規ユーザーへの訴求が困難
 → マーケット自体も “断片化”
・Monezation
 どうビジネスにしていくのか
 → 月照2億円!!のAngryBirdsはちょっと異常
 → 課金の仕組みが。。。
 
■mixiアプリ
・mixiアプリとは?
 → ソーシャルネットワーキングサービスのひとつ
 → 知人・友人とのコミュニケーションを媒介するもの
・SGOとは
 → ソーシャルグラフをどう “揺らす” か
・mixiが考える仮説
 コミュニケーションがしたい瞬間・感情を捉え、適切なチャネルを使わないとバイラルが効かない
  → 日記はなにかイベントがないと書かない
  → つぶやきはちょっとしたことでも書かれやすい
 ↓
 単純にNativeAppにAPIを実装しても、ソーシャルグラフを揺らすエモーションデザインや
 それを活かす受け手のプラットフォームがないと広がらない

・スマートフォンのエコシステムにmixi Platformができること
 → Social Graph Provider
  → 友人同士の露出によるバイラル
・最近mixiアプリは儲かると言われるようになった

・mixi Platform今春提供予定

■ソーシャルグラフがもたらす新しい流れ
・ネットのスタートはソーシャルストリームへ
・情報経路は検索からソーシャルグラフへ
・すべてのWeb/サービスはソーシャル化で価値が倍増
・それは実社会へもつながり波及していく


ABC2011 Winter
2011.01.09 16:00〜16:40
androidで一攫千金。電通が提供する収益化サポートサービス
講演者: 中田裕介(株式会社電通 コミュニケーションデザインセンター)
藤本剛一(株式会社電通 コミュニケーションデザインセンター)
Ustreamアーカイブ: http://www.ustream.tv/recorded/11906986

■収益モデルの作り方 〜デコメ編〜 (藤本剛一氏)
・1:4.2
 AndroidとiPhoneのユーザー比率 (Galaxy S以前のデータ)
・2台持ちの時代は終わっている
・ポイント
 そこに市場はあるのか
 差別化ポイントはあるのか
◇そこに市場はあるのか
・電話で一番良く使われる機能はメール
 → デコメ市場は228億円/年
  → しかし、スマートフォンでデコメの利用は減っている
・原因
 → User: 使えるアプリがない、デコメ素材を買えない
 → CP: 参入障壁が高い、運用負担が大きい
 → Developer: 開発が面倒、素材が高い
・DecoMarket
 デコメ素材のマーケット
 2010/11/26よりサービス提供中
 → au: 2月開始
 → SB: 4月以降
 → 海外: 4月以降
・DecoMarket状況 (42日間)
 提供CP数: 11社 (年度内30社以上)
 アプリDL数: 6万
 コンバージョンレート: 5% (1日あたり最大)
 いろんなメディアに取り上げられた (CamCan)
 → 右肩上がりで成長中
◇差別化ポイントはあるのか
・デコマーケットAPI
 デコメ入力部分の開発を容易にするAPI
 Twitterクライアント用API (3月提供予定)
 → すべて無償
 → iOS用もある
・クリデコ&クリデコAPI
 → メール通数: 100億通/月 (日本)
 → 特徴: プライベート、密なコミュニケーション、必ず読まれる、リアルタイム
 デコメ素材 (アイコン) にリンクをはる
 → ドーナツのデコメにミスドのリンクなど
・クリデコIME
 クリデコに対応したデコメ素材を自動挿入できるIME
 テスト運用: 2011年2〜3月
 API提供: 2011年4月以降
・URL
 http://decomarket.jp/

■アプリ内課金の紹介 (中田裕介氏)
Ustreamアーカイブ:
http://www.ustream.tv/recorded/11907412
http://www.ustream.tv/recorded/11907487
http://www.ustream.tv/recorded/11907585
・まだまだビジネス面での組み立てが難しいのが現状
 → 多様なマーケットが併存している
  → マーケットポリシーがバラバラ、課金システムがバラバラ、海賊版アプリが多い
 → ダウンロードされているアプリはほとんど無料アプリ
 → 端末による調整が必要で、実装の開発者負担が大きい
 → ポリシーが整備されておらず、収益率がiPhoneと比べて低い
・アプリのビジネス
 ダウンロード時の課金
 広告を掲載する (無料モデル)
 アプリ内課金
 → 消耗品課金 (規定数使うと使えなくなる)
 → 期間課金 (規定期間使うと使えなくなる)
 → 非消耗品課金 (ずっと残る)
・後半はSamurai Purchaseの説明
 http://samuraipurchase.com/


ABC2011 Winter
2011.01.09 17:00〜17:40
GREE の Android 戦略
講演者: 伊藤直也(GREE メディア開発本部 ソーシャルメディア統括部長 プロデューサー)
Ustreamアーカイブ: http://www.ustream.tv/recorded/11907803

■GREEについて
・ユーザー数: 2100万人
・フィーチャーフォン向けプラットフォームのオープン化で急成長した

■GREEのスマートフォン戦略
1. スマートフォン版GREE
 移行シナリオ
 → SP版SNSを構築+ソーシャルゲーム・アプリを移植
 → 機種変更でも引き継がれるようにしたい
 ブラウザ版GREE
 → iPhone&Android対応
 → SNS + アプリポータル
 IS03のプリインストールアプリから新規会員獲得
 GREE iOS SDK
 Android GREE SDKを開発中
2. GREE Platform for Smartphone
 キャリア課金にも対応予定
 マルチOS、マルチデバイス
 → すべてのプラットフォームに対して提供する
 GREE Payment
 → コインによるアイテム販売の仕組みを提供
 → OSを超えて相互接続可能
 GREE SDKをミドルウェアにビルドイン
 → VIVID Runtimeなどなど、いろんなミドルウェアにGREE SDKを組み込んで、
 GREE向けアプリが開発しやすいようにする
3. グローバル展開
 GREE Platform事業をグローバル化
 国内から海外へ向けてソーシャルアプリ事業を可能に
 今期か来期に海外でもGREE展開予定
 → 2011年1月に拠点開設 (サンフランシスコ、中国)
 → 2011年中旬にソーシャルアプリ、Platformを展開予定
 すべてを垂直統合で展開して成功している事例はない
 グローバル展開戦略
 → スマートフォンへのフォーカス
 → SNS+ソーシャルゲームの垂直統合モデル
 → 大手プレイヤーとのアライアンス推進
 

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterBuffer this pageEmail this to someone

2件のコメント

コメントは受け付けていません。